不安や悩みを相談できるオンライン健康相談サービス

子どもたちのこころが健やかに育つためには、子どもと子どもを見守る人びとが繋がり、みんなで子どもの成長に寄り添うような社会が望まれます。

一方、社会環境の急激な変化は、子どものこころの健康に大きな影響を与えており、学校生活においても不登校などのメンタルへルスに関する課題が顕在化し、事実、子どもが患う病気の中で、こころの病が最も多くを占めています。

こころの成長過程にあるこの時期に受けたこころの傷は生涯にわたり影響するといわれていますが、メンタルへルスに対する知識の不足や偏見などにより、適切なサービスが十分に活用されず、結果、ひとりで悩みを抱えてしまう子どもたちが多く存在しています。

また、ご家庭や学校の先生は、子どもの変化に向き合う中で、不安や悩みを相談する相手がいないことがあります。

こころの成長過程にあるこの時期に受けたこころの傷は生涯にわたり影響するといわれていますが、メンタルへルスに対する知識の不足や偏見などにより、適切なサービスが十分に活用されず、結果、ひとりで悩みを抱えてしまう子どもたちが多く存在しています。

また、ご家庭や学校の先生は、子どもの変化に向き合う中で、不安や悩みを相談する相手がいないことがあります。

『Welcome to talk』はインターネットを通じて、子どもやご家庭または学校の先生などの子どもの成長に寄り添うひとと児童精神科医・精神科医・心理士などを繋ぎ、不安や悩みを相談できるオンライン健康相談サービスを提供します。

子どもたちが、より健やかに成長できる社会を目指します。

“悩みはあるけど相談相手がいない”
“息子・娘の様子が気になるけど、どこに相談すればよいかわからない”
“こころに悩みを抱える児童・生徒をどう指導すればよいかアドバイスがほしい”

このような不安や疑問に対して、参加する児童精神科医・精神科医・心理士などは、ご家庭や学校生活を送る上でのアドバイスを行いながら、『今、まさに悩みを抱えている子どものこころの苦痛とその子どもを見守る人たちの思いに目を向ける』ことを大切にします。

手軽に・気軽に・身近に相談できる。子どもに笑顔を、その笑顔でみんなが幸せになる。
『Welcome to talk』は子どもたちがより健やかに成長できる社会を目指します。